育毛剤であなたの将来が決まる!間違わない育毛剤の選び方

育毛剤には血行促進タイプと毛母細胞活性化タイプがある

育毛剤には大まかに二つの種類があります。

 

一つ目は毛根の毛母細胞の分裂を活性化させるためのものと、血行を良くするためのものという二つです。

 

一般にドラッグストアなどで販売されている医薬部外品に分類される育毛剤にはこの二つの効果に効く成分が両方入っている育毛剤が大半を占めています。

 

血行を促進させるための成分としては、センブリエキス・ナイアシンアミドなどの成分があります。

 

細胞を活性化させるためにの成分として代表的なのはペンタデカン酸グリセリンアミドが一番有名で効果が高いと言われており、そのほかにはビチオン・ローヤルゼリーエキス・酵母エキス・チクセツニンジンなどが挙げられます。

 

どの成分を選ぶのかはそれぞれの薄毛の状態や原因によって違いますが、色々試してみることが必要です。

 

ただ育毛剤の効果は使用したからすぐに表れるということは有りません。

 

気長に使用を続けて初めて効果が出てくるので、ある程度自分の体の状態を把握したうえで選んでいく必要があります。

 

そうはいってもよくわからない・・と言う方なら、まず血行促進に力を入れてみてはどうでしょうか。

 

血行を促進すれば毛母細胞を活性化することも出来るので、半年程度使用してそれでも効果が無ければ違う育毛剤を選んでみるのも有りですね。

 

人気の育毛剤ランキング

育毛剤の種類とは?用途の合わせて選ぼう!

 

育毛剤には、どのような種類があるのでしょうか。

 

用途に応じて正しいものを使って育毛促進したいものです。

 

まず、血行促進を高める成分が入っている育毛剤があります。

 

髪に栄養を届けるには、運搬する元となる血液循環が良くないといけません。

 

ですので、血行を高める育毛剤があるのです。

 

さらに男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤もあります。

 

これは男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンを抑制することで、薄毛を抑えるものになります。

 

こちらもとても多い育毛剤のタイプです。

 

また、毛母細胞を活性化させるタイプの育毛剤もあります。

 

毛母細胞は髪の生成になくてはならない細胞で、不規則な食生活を続けると細胞が増えなくなると言われています。

 

この毛母細胞に働きかける育毛剤があるのです。

 

育毛剤の種類は、以上のようなものになります。

 

最近は、上記の種類の成分がバランスよく配合されているものが少なくありません。

 

頭皮全体を良くしたいなら、そのような育毛剤をセレクトするとよいですね。

 

またAGAなど、ピンインポイントに症状に合わせて改善を図りたいなら、それぞれの種類に特化した育毛剤を選ぶと、育毛効果がより高まるかもしれません。

 

ぜひ育毛剤を選ぶときは、内容や種類にいついても調べてくださいね。

あの手この手で育毛を目指す育毛剤

 

育毛剤の持つ効果はとてもバリエーションが豊かです。

 

普通に成分や効果を見ずに使用してしまうと、育毛剤イコール髪の毛を生やす薬という認識で終わってしまいがちですが、実際の性質はそれほどに直接的なものではありません。

 

抜け毛が起こる可能性のあるトラブルを一つ一つあげ、その原因を各個撃破するのが、育毛剤の持つ働きです。

 

何の変哲もない、ただの水にも見える外見からは想像もつかないような機能性を、育毛剤は秘めています。

 

ただすべての育毛剤が、全ての効果を要すことはありません。

 

効果によっては、相性が悪く共存できないものもあるからです。

 

例えば皮脂を取り除く効果と、頭皮に油分をもたらす効果は同時に発生するのは不可能です。

 

自らが生み出した皮脂を自らで取り除く、プラスマイナスゼロの関係は、一つの育毛剤の中では成立しません。

 

皮脂の分泌が過剰な人や反対に足りていない人は、自分の体質を理解した上で、自分の悩みに寄り添ってくれる育毛剤を選び取ることで悩みの解消は成ります。

 

人気となっている育毛剤や、話題の製品だけがその全てではないことを肝に銘じ、育毛剤を研究していきましょう。

 

育毛剤で髪を生やすことができた人は、皆そうして自己の分析を経て髪を得ているのです。